会社で書籍が読み放題!仮面社畜のAmazon Prime Reading 活用術

会社のデスクトップで軽く本が読める時代になりました。本記事はAmazon Prime Reading というサービスを使って会社で快適に安くクールにサボる方法をご紹介します。(あと本読むから頭ヨクナル)

Prime Readingとは

Amazon Prime ReadingとはAmazonプライム会員であれば無料で数百冊の書籍の閲覧が可能なサービスです。Amazon Prime VideoやPrime Musicなんかは結構メジャーになっていてご存知の方も多いかと思いますが、Prime Readingはそれらの書籍バージョンといった位置づけです。そして肝心なのが、会社内でサボる為に利用できるとしたら、音も出ない映像もない地味な書籍が見放題のPrime Readingが良いねってことになるわけです。

Prime Reading で本を選ぶ

全ての本が無料で見れるわけではありません、Prime Reading用の本を注意して選択しましょう。

kindle 本&電子書籍リーダー ⇒ Prime Reading をクリックします。

するとPrime reading用に選別されたコンテンツが並びます。ここから好きなコンテンツを選びましょう。注意点としては、10冊までレンタルするといった形式なので、それ以降は一旦は返却してといった流れになります。

本を選択したら、「読み放題で読む」ボタンを押してくださいこれでお金がかかりません

実際に読んでみよう

何もソフトをインストールしないでブラウザだけで見たい場合は、Kindle Cloud Reader を利用しましょう。ただ、対応しているコンテンツに限られてしまいますのでおススメしません。

会社のPCという想定なので、Windows OSで読書を楽しむイメージで話を進めますが、おススメは無料のKindleアプリを利用する方法です。下記リンクよりアプリをダウンロードしてインストールが可能です。

Windows版 Kindle のダウンロードリンク

詳しい内容はAmazonの公式サイトを参照してください

Windows版 Kindleを起動すると、読み放題ボタンを押した書籍が表示されます。選択すれば読書開始ってわけです。

ハンターハンターを見てみました。見開きで普通にキレイに見れます。さすがアマゾン

まとめ

今回のポイントは仕事をしているフリをして実はコミックや書籍を読んでサボることができる点と、アマゾンプライム会員ならお金がかからない点です。意外に見れますので実際に試してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です