シークレットモードや拡張機能を使わないでGoogle Chromeの閲覧履歴を残さない方法

会社でネットサーフィンをしたり副業等をしてサボる場合、閲覧履歴をなんらかの方法で抹消しているのではないかと思います。本記事では最も簡単で最適で斬新な方法を解説します。

一般的なChromeの閲覧履歴を残さない方法

まずは、巷に溢れかえっているGoogle Chromeの閲覧履歴を消去する方法についておさらいしたいと思います。

手動で消す方法

文字通り、Google Chromeの閲覧履歴を手動で消す方法です。この場合の残念な点は、メンドクサイこと、なによりも忘れたら意味がありません。

シークレットモードを利用する方法

Google Chromeが用意しているシークレットモードを利用することで閲覧履歴を残さない方法です。この場合の残念な点は、シークレットモードはブラウザの見た目が変わるので、ディスプレイを覗かれると怪しまれてしまう点です。仕事で利用しているならわざわざシークレットモードなんて使いませんよね。

拡張機能を利用する方法

Click&Cleanという拡張機能を利用すると、閲覧が終わる度に履歴を綺麗サッパリ消去可能です。この場合の残念な点は、この拡張機能を入れていること自体が怪しいのと、無料だけあって広告のポップアップが表示されて鬱陶しいです。

毎回Chromeを初期状態で利用する方法

そこで、本サイトでは毎回Chromeを初期状態で利用する方法を提唱します。Chromeを閉じて開くと毎回インストール直後の状態になる方法です。その為履歴は絶対に残りませんし、キャッシュ等の予期せぬデータなども残りません。若干作業が必要になりますが、履歴を消し忘れるヒューマンエラーが無くなるのでストレスフリーでChromeを利用することができます。

Google Chromeを毎回インストール直後の初期状態で利用する方法(閲覧履歴、キャッシュが完全に残らない)

管理人

色々とワクワクすることができる現代社会において、昭和時代の枠組みの中で「働く」事に大きな違和感があります。ポジティブにサボって人生を有意義なものにすることを提唱します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です