【バレないイヤホン】完全ワイヤレスイヤホンを仕事中に周囲にバレずに使う方法

サボりエキスパートな方々なら既に実践していると思いますが、最近流行りの完全ワイヤレスイヤホンを仕事中に使ってみました。1週間継続利用してみたので、実際に感じた事や工夫した事を記事にしたいと思います。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

完全ワイヤレスイヤホンとは、Bluetoothという無線技術を用いて利用する形式のイヤホンです。スマホやDAPからBluetoothで完全ワイヤレスイヤホンに音を無線で飛ばして聞くといった仕組みになっています。

完全ワイヤレスイヤホンで何でサボれるの?

完全ワイヤレスイヤホンの最大の特徴としてはコードレスとなっていることです。再生機器のスマホやDAPが近くにあれば良いので、あるゆるシーンで快適性が半端ではないわけです。

サボりに利用する観点で考えると、周囲からは音楽を聞いているようには見えないポイントを利用します。仕事中や大学の糞つまらない講義中であっても、周囲にバレずに音楽が聞けてしまうってわけです。例えば上司に激怒されている状態でもロックをガンガン聞く事ができるわけですね、すばらしい技術ですね。

機種の選定で考慮すべき点

さて全ての機種でうまい事いくわけではありません。以下2点のポイントを重視して機種を選定しましょう。

なるべく小さい事

周囲にバレないため耳に装着して髪で隠す方法をとります。なので小さくないと周囲からバレてしまうわけです。普通使いであれば大きい方がバッテリーの持ちも良いですし音質もいいんですが、バレないようにするには小さい機種を選定してください。

周囲の音を取り込める機能がある事

周囲の音も音楽と一緒に聞ける機種を選定しましょう。仕事中に話かけられても気づかない事態に陥ります。「何だコイツ」って感じになりますので、周囲の音を取り込む機能は必須です。オーディオ性能で考えたら周囲の音を遮断した方が良いんですけどね。

サボりに最適な機種

私は最終的に、ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットを購入しました。周囲の音も聞ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」が搭載されていることと、音質も良いといった点です。周囲の音も聞ける機種は複数ありますが、音質が悪くては逆にストレスが溜まってしまいます。ちょっと大きいのが難点ですが、髪の毛を長めにすれば隠せるレベルです。毎日今日は何を聞こうか悩むのが楽しみで仕方ありません。

バレずに利用していく中での注意点

使っていく中で色々と注意しなければならない点があります。

・電話がするとき
電話を利用するとき耳に電話機を当てますが、機器が耳についているので少し浮かさないといけません。なので不自然なんですね。でも多分誰も見ていませんのであまり気にする必要はないのかもしれません。

・体を動かす作業をする時
物を運搬したりと体を動かす作業をする場合、髪の毛が乱れて機器が見えてしまう可能性があります。その場合はトイレに行って外したりしておくのが無難でしょう。

・音量は最小で
静かな環境で音楽を聴く場合に音漏れが心配です。シャカシャカしているとバレますので注意が必要です。あまり音漏れのし難い曲を選曲するのも一案かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です