Web閲覧履歴を残さない方法|会社でWebサーフィン履歴を残すな|全ブラウザ

Webサーフィンをすると閲覧履歴がブラウザに残ってしまいます。会社のパソコンを監査された場合にサボっていたことがバレてしまいます。エロいサイトの履歴が残っていて恥をかく可能性もあります。

そこで、毎回ブラウザの履歴を消す事も一つの策ですが、人間ですから忘れてしまいます。

そこで「閲覧履歴を最後に消す」をしないで済む方法をブラウザ別にご紹介します。

Google Chromeの場合

Googleの場合はChromeのアイコンを右クリックして「シークレットウィンドウを開く」をクリックしてください

通常使うChromeと感じの異なる下図の画面が立ち上がります。左上に探偵の様なマークがありますね。これで何を検索しても端末に何も残りません。

その他に、ちょっとだけ作業が必要になりますが毎回初期状態でChromeを利用する方法もあります。以下の記事をご参照ください。

Google Chromeを毎回インストール直後の初期状態で利用する方法(閲覧履歴、キャッシュが完全に残らない)

Internet Explorerの場合

右上にある歯車マークをクリックして、「インターネットオプション」を開きます。

閲覧の履歴 > 終了時に閲覧の履歴を削除する にチェックを入れます。
IEを閉じる毎に閲覧履歴が消去されます。

Fire Foxの場合

Chrome と同じ方法です。
アイコンを右クリックして、「新しいプライベートウィンドウ」をクリックします。

下図の画面となり、閲覧した履歴は残らなくなります。

Microsoft Edgeの場合

右上の「・・・」をクリックして「設定」を開きます。

「閲覧データのクリア」をクリックします。

「ブラウザーを閉じるときに、常にこれを消去する」をオンにします。チェックボックスにチェックしてある項目が削除されます。

まとめ

主要な全てのブラウザに履歴を残さない機能がありました。簡単な操作で対応できるので履歴が残る事に抵抗がある方は実施をお勧めします。特にIEとEdgeについては一度設定をしてしまえばOKなのでおススメです。

ただ、会社にWebフィルタリングや資産管理システム等のシステムが入っている場合はシステム管理者に把握されてしまいますので注意が必要です。

管理人

色々とワクワクすることができる現代社会において、昭和時代の枠組みの中で「働く」事に大きな違和感があります。ポジティブにサボって人生を有意義なものにすることを提唱します。

1件の返信

  1. 2018年10月29日

    […] Web閲覧履歴を残さない方法|会社でWebサーフィン履歴を残すな|全ブラウザ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です