ヒカキンの人気が下落していることを証明してみた|YouTuberも大変な時代か?

普段YouTubeをよく見ますが、ヒカキンがちょっと苦手です。(非難しているわけではなく見たいジャンルが全く異なるということです。)

ヒカキンが何故人気か疑問だったので、人気度をGoogle Trendという検索量をグラフにしてくれるサービスで確認してみました。人気度は検索量に比例していると考えてよいと思います。面白い結果が出てきました。

ヒカキンとセイキンの人気度をGoogleに聞いてみた

結果:過去5年間のヒカキンの検索量のですが、2015年をピークに下落しています。

ちなみにお兄さんのセイキンの検索量です。ヒカキンと同様に下落しています。

考察

YouTuberも最近は芸能人や著名人も参戦してきています。それによりヒカキンの人気が相対的に下がってきていると考えられます。

また、YouTuberにこれからなろうとしている方はヒカキンですら人気が落ちている点を認識して始めた方がいいかもしれません。大変な競争率だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です